適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

アスリートと一般人の睡眠時間を比べてみると

スポンサーリンク

睡眠は、人間にとって最優先すべき大切な行為です。
睡眠中には実は身体のあちらこちらで様々な活動が行われています。
まず1つ目は成長ホルモンの分泌です。
これにより、代謝が活性化して、筋肉や内臓、皮膚などを修復してくれるのです。
2つ目は自律神経の調整です。
自分の意思でコントロールすることの出来ない神経を上手く働くようにしてくれます。
3つ目は細胞の老廃物の除去です。
4つ目は記憶の整理です。
そして5つ目が最も重要で、睡眠という行為にしか出来ないことなのですが、脳に休憩を与えることです。
この睡眠時間が不足すると、まず女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少し、肌荒れや生理不順を引き起こします。
第二に皮脂分泌が盛んになり、ニキビが出来やすくなります。
第三には自律神経が乱れ、冷え性になったり集中力ややる気が低下します。
第四は胃腸の働きが悪くなり、便秘と下痢を繰り返すようになります。
第五は肌の代謝が遅くなり、ニキビ跡やシミが消えにくくなります。
そして第六として、太りやすくもなります。

スポンサーリンク

以上のように見てくると、睡眠とはいかに重要なもので、身体の健康・精神の健康・美容にも大きな影響力を持っていることがお分かりいただけるでしょう。
しかし、ある統計によると、現在の一般社会人の平均睡眠時間は5時間59分というデータが出ています。
これに対してアスリートの場合には平均8時間4分という数値が出ており、かなりの差があることが分かります。
アスリートはそれだけ心身を酷使していますから、睡眠時間も長く必要なのです。
また、アスリートの世界では「目覚まし時計を鳴らして、無理やり起きているようでは、良い練習(潜在能力を引き出す練習)は出来ない。」と言われています。
アスリートにとって必要なのは、単に長い睡眠時間ではなく、自然に目覚めることや早寝早起きと言った規則正しい生活サイクルの中での良質の睡眠なのです。
また、アスリートはよく昼寝もしており、これもコンディションを整え、最高のパフォーマンスをするための秘訣なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加