適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間について。おすすめの睡眠時間

スポンサーリンク

睡眠時間は、人それぞれですが、日本人の平均的な時間は7時間半程度と言われています。
しかし、この睡眠時間は未成年と老人では長い傾向にあります。
その間の働きだ盛りの年代は睡眠時間が短いようですが、実際には個人差が大きいようです。
この年代でも3から4時間の睡眠で十分な人もいれば、9時間以上の睡眠が必要な人もいます。
また老人でも睡眠時間が短い人もいます。
ともかく基本的には日中に眠気がなくしっかりと活動できれば、睡眠時間が長かろうが、短かろうが問題はないようです。
そのためには質の良い睡眠をとることが重要です。
特に眠りに入ることも重要ですが、目覚めるときにスッキリしたという満足感が得られることが快適な睡眠といえるでしょう。

スポンサーリンク

では、スッキリとした満足のいく睡眠を行うには、どうすればよいのかというと、その眠りのサイクルに合わせて目覚めることです。
人間の眠りには、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)があり、これらは眠ってから90分単位で波のように繰り返すといわれています。
この時、レム睡眠の状態が、比較的、覚醒状態に近いためスッキリとした目覚めが行なえるとされています。
一方で、ノンレム睡眠では、深く脳が休んでいるため、この状態で目覚めるのは、あまりよくないとされています。
90分サイクルで見ると、理想の睡眠時間は4時間30分後、6時間後、7時間30分後になります。
そのため快適な目覚めをしたいのであれば、これらを逆算して眠りにつくのがおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加