適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間は1.5時間の倍数の3時間を熟睡するのが最適です

スポンサーリンク

睡眠時間の取り方は人によって違います。
1日8時間眠らないと調子が悪い人もいますし、5時間で充分の人もいるのです。
ところが最近では、睡眠は1.5時間単位で眠ると効果的であるという説が、科学的な実験で実証されたのです。
眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠の2つの種類があるのですが、レム睡眠というのは身体の眠りといわれており、ノンレム睡眠は脳の眠りといわれているのです。
寝ている時にはこの2つの睡眠が交互にやってくるのですが、その周期が1.5時間なのです。
ですから身体が眠っているレム睡眠の時に目覚めると、気分がスッキリと起きられるのです。
反対に脳が眠っているノンレム睡眠の時に起きると、気分がスッキリしないのです。

スポンサーリンク

いくら寝ても寝たりないという人の場合は、このレム睡眠とノンレム睡眠が入れ替わる1.5の倍数の睡眠をとって起きるとスッキリ起きられます。
この2つの睡眠は人によって多少ずれていますから、自分のレム睡眠はどのくらい眠れば訪れるのかを確かめてみることが必要です。
この他にも色々な睡眠法がありますが、ハッキリしているのは長く眠れば多くの休息がとれるわけではないということです。
短くても深く眠って熟睡できれば、休息をとれるのです。
先ほどの1.5の倍数の3時間睡眠で充分という睡眠法もあります。
この熟睡法に必要なのは、二度寝はしないことやいつも朝日を浴びて体内をリセットするなどを、起床時に習慣づけることが大切になってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加