適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間のゴールデンタイムとは

スポンサーリンク

睡眠時間は、人によって適切な時間がありますが、睡眠を取る時間帯はゴールデンタイムが良いとされています。
ゴールデンタイムとは、具体的には22時から、深夜の2時までの時間帯のことです。
もっとも質の高い睡眠を取るための時間帯であり、この時間帯に睡眠を取ると成長ホルモンが分泌されやすいという利点があります。
成長ホルモンが活発に分泌されると、肌や肉体などの回復スピードが上がります。
疲れやすい仕事に就いている人であったり、美容に気を使っている女性などはゴールデンタイムに寝るように心がけた方が良い傾向にあります。
同じ睡眠時間であっても、得られる効果にはかなりの違いが生まれます。
22時から眠れないといった人は、23時ぐらいでも構いません。

スポンサーリンク

睡眠には浅い眠りと、深い眠りがあり、深い眠りの時のほうが、成長ホルモンはより活発に分泌されています。
深い眠りは周期的に訪れるもので、23時に寝たとしても、深夜の2時までに必ず一度は訪れるようになっています。
眠りにくいといった人は、ホットミルクを寝る前に飲むと、眠りやすくなる傾向にあります。
ミルクには、眠りに誘う成分が含まれていて、ホットにすれば消化器官にも負担がそれほど大きくはありません。
ちなみに寝る前には食べ過ぎないことが重要で、遅めの食事を摂った場合は、睡眠時間をズラした方が良いこともあります。
また夜の深い時間というのは、消化器官を休める時間帯でもあります。
ゴールデンタイムが過ぎてからも、ある程度は寝ておいたほうが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加