適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間をコントロールすることについて

スポンサーリンク

朝の目覚めが悪い、すっきりしないという場合は睡眠時間をコントロールしてみてはいかがでしょうか。
睡眠には、脳が休息に入ると言われているノンレム睡眠と、身体が休息に入ると言われているレム睡眠とがあります。
眠りに入ってからの最初の3時間が大切だと言われるのは、眠りに入ってからの最初の3時間は、深い眠りに入るノンレム睡眠だと言われているからなのです。
ノンレム睡眠睡眠の後はレム睡眠に入るのですが、このサイクルは90分おきにおこなわれているので、朝目覚める時間帯が深い眠りのノンレム睡眠だった場合は、睡眠を妨害された様な感じかしてすっきりしない可能性があります。
目覚める時間帯は、浅い眠りに入っている状態のレム睡眠の時が望ましいのです。

スポンサーリンク

眠っている間に夢をみるという方がたくさんいらっしゃると思いますが、これは眠りの浅いレム睡眠に入っている状態の時なのです。
もし睡眠時間をコントロールしてみるのであれは、ノンレム睡眠とレム睡眠は90分ずつに繰り返されておりますので、90の倍数で考えて起きるタイミングを少しコントロールしてみてはいかがでしょうか。
そうはいっても布団に入ってから、すぐに眠れるというわけではないとおっしゃる方もいるでしょう。
眠りに入る時に人の自律神経は、副交感神経が優位になり、心拍数や血の巡りも穏やかになりとてもリラックスした状態になると言われております。
そのため、眠る直前は飲食をしたり、パソコンやスマートフォンなどの眩しい光を見続けない方が眠りに入りやすいかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加