適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間には90分のサイクルがある

スポンサーリンク

朝の目覚めが悪いという人がいます。
もう起きて仕事に行かないといけない時間なのに、どうしても起き上がることができないのです。
このようなことが続くと、起きられない本人も辛いですし、起こさないといけない周りの人間にも迷惑がかかります。
では、このような事態を減らすためにどのような工夫ができるでしょうか。
注目できるのは、睡眠時間のサイクルです。
人の睡眠には2種類の時間帯が存在します。
一つは、夢を見やすい浅い睡眠の時間帯です。
この時間帯は、睡眠自体が浅くなっていますので、目覚めやすい状態と言えます。
もう一つは、夢を見ない深い眠りの状態です。
この状態になっているときに、起床時間が来ると非常に目覚めづらくなります。

スポンサーリンク

では、この睡眠サイクルをどのように上手に活用することができるでしょうか。
興味深いことに、この2種類の睡眠時間は90分間隔程度で一周します。
それで、朝すっきり目覚めるためにはこのサイクルを利用できます。
つまり、睡眠時間をこの90分サイクルに合わせるのです。
たとえば、7時間半の睡眠はちょうど90分サイクルといえます。
それで、7時間半眠った時に目覚まし時計が鳴ると、すっきりと目覚めやすくなります。
ちょうど睡眠が一番浅くなっているときですので、自然な目覚めに近くなるからです。
逆に、このリズムに逆らうタイミングで目覚ましがなるのは不快な経験となります。
それで、朝気持ちよく目覚めるためには、睡眠のサイクルに注目することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加