適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

【体験談】受験勉強のとき受験生の睡眠時間はどれぐらいがいいのか

スポンサーリンク

受験のとき、みんなが削りたくなるのは睡眠時間です。
これは、削ってもよいものでしょうか?
たしかに、期末テストや、中間テスト前にほとんど徹夜でやって点数を取ったという話は聞きます。
わたしは、これは有効な手段だとは思います。
しかし、そのあともう一度復習しなければいけないので、結局こつこつやるほうが楽なのではないかと思います。
ここで、受験生にこれと同じことは言えるのでしょうか。
中学受験や、高校受験などの受験勉強は期末テストや中間テストよりもはるかに範囲は広いです。
このとき、睡眠時間を削った場合、最終的にその広い範囲をすべてカバーできない可能性があります。
よって、受験勉強においては、寝る時間を削るのは有効な手段ではないというのが通説です。

スポンサーリンク

なぜなら、これはよく言われていることではありますが、睡眠時間を削ると、記憶が定着しないからです。
また、睡眠時間を削ると、日中の集中力も落ちます。
集中力が落ちて能率が下がったりすると、何のために寝る時間を惜しんで勉強時間を増やしているのかわかりません。
よって、睡眠時間は減らさないほうが良いということがわかります。
では、どうすれば睡眠時間を削らずに、効率よく勉強できるのでしょうか。
これにはいくつか方法があります。
まずスマホや、PCの使用時間を減らすことです。
今の受験生から勉強時間を削っているものは、はっきり言ってこれです。
もう一つは、電車の中などの隙間時間を活用することです。
これで、寝る時間を削るのと同等の時間を得ることができます。
この二つのコツを有効利用して、受験に受かりましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加