適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間の調整や調節方法

スポンサーリンク

睡眠時間は人によって多種多様あり、一般的に何時間とは定義しがたいものです。
今回は、睡眠時間を短くするための調整、調節方法をご紹介します。
試験勉強や、資格勉強、その他仕事や人間関係に費やす時間は時に24時間では足りないと思ったことはありませんか。
その場合、大抵の人は、睡眠時間を削って、時間を捻出します。
但し、睡眠時間を削ると、翌日眠気が一日中続いたり、頭がぼーっとしたり、引いては免疫力の低下などから風邪をひきやすくなったりとマイナスの面も多々あります。
理想は、たっぷりと睡眠を取った時と同じくらいの回復力が、より短時間の睡眠で得られれば願ったりではないでしょうか。
それでは、早速その方法を探っていきましょう。

スポンサーリンク

まず平均的に8時間睡眠をとる人の場合を見て行きましょう。
まずは、起床時間は変えずに、布団に入る時間を少しずつ遅くずらしていきます。
最初は5分単位でゆっくりとしたペースで遅くしていきましょう。
2週間ほどかけて1時間就寝時間を遅らせます。
この時、起床時間は変えていないので、睡眠時間は7時間になります。
その状態を何週間かキープし、体に不調をきたしていないこと確認し、更に5分単位でゆっくりと就寝時間を遅くしていきます。
こうしていくと、やがて体が短時間睡眠で眠ることに慣れ、短時間で回復するような体質へと変わっていきます。
実際に同様の実験を行ったところ、健康への影響は殆どなく、スムーズに短時間睡眠へと切り替わったとの報告があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加