適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

テスト前の睡眠時間について

スポンサーリンク

多くの学生、特に高校生になるとテスト前に焦って勉強を始めます。
そして、テスト前日になると、徹夜してでも勉強をしようとします。
その結果、睡眠時間が極端に減ってしまい、テスト中に眠くて実力を発揮できないというケースが多くなっています。
また、睡眠時間は大切だという言葉を色々な人から言われます。
では、なぜ睡眠時間は大切なのかについて説明します。
人間というのは、寝ている間に記憶を定着させ、いらない記憶は消去しています。
そして、朝起きるといらない記憶というものは消去されているので、クリアな状態になっています。
こういう風に説明してもいまいち実感がわきませんので、パソコンに置き換えます。
パソコンは、必要なデータは保存しますが、不必要なデータは削除します。
それと同じです。

スポンサーリンク

しかし、クリアな状態になっていると「記憶がないのでは」と焦ってしまいます。
でも大丈夫です。
朝起きたときにクリアな状態ということは、朝起きて勉強すればいいのです。
すっきりした状態なので、勉強もはかどりますし、睡眠時間もとれているのであまり眠くありません。
そうすれば、テスト中でも実力を発揮できます。
要するにテスト前だろうと何だろうと、記憶を定着させたいのであれば良く寝ることが重要となってくるのです。
なので、テスト前だからといって、点数を稼ぎたい気持ちはわかりますが、徹夜をして勉強する必要はないのです。
効率よく勉強して、早く寝て朝早く起きて勉強することによって、記憶が定着しテストでも点数を稼げるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加