適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

ちょうどいい睡眠時間はどれくらいかについて

スポンサーリンク

日本人の平均睡眠時間は7時間半程度といわれます。
医学雑誌などによると7時間睡眠がもっとも長生きできるなどとも言われます。
しかしこうした睡眠時間は個人差が大きく、1日3〜4時間でも大丈夫な人もいれば8時間以上眠らないと体調が整わない人もいるそうですので、とにかく時間で区切るというのはあまり意味がないようです。
時間を調整してみて調子がいい時間を自分で確認してそれを維持することが重要になるのはいうまでもありません。
また睡眠は体調とも大きく関係してきます。
元気な時には多少睡眠時間が少なくてもなんでもありませんが、弱っているときには何時間でも寝ていられることを考えると健康のバロメーターとも言えるのです。

スポンサーリンク

睡眠のタイプには概ね三つがあるといわれています。
ひとつはショートスリーパーと呼ばれる人たちで6時間未満でも元気にしていられるタイプです。
この人たちは人口のほご5%から10%程度の構成比で、短時間睡眠ですっきりするタイプといわれます。
またバリュアブルスリーパーは、ほぼ6時間から9時間程度睡眠をとる人で、人口の8割はこのタイプといわれます。
その時々の精神状態や体調により長くなったり短くなったりするタイプがこれです。
そして残り10%程度がロングスリーパーと言われるひとで、9時間以上コンスタントに寝ないと調子が出ないタイプです。
もともと内向的でストレスを溜め込みやすいタイプがこれです。
したがって自分がこのどれに当たるかによってちょうどいい睡眠時間がどれくらいなのかがはっきりしてくることになるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加