適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

基礎体温の計測が正確に出来ない3時間程度の睡眠時間

スポンサーリンク

人間の毎日の生活において、食事、睡眠、運動の3つは欠かせないものです。
これら一つでも欠けてしまうと、体のバランスを崩し、体調不良などの症状が出てしまいます。
そのため、規則正しい生活、栄養のある食事、適度な運動などを心がけるように言われています。
そして、これらは女性にとって当たり前と言われている妊娠、出産にも大きく影響しています。
この3つのバランスがとれている方は、体の中の状態も常に良い状態に保たれており、妊娠しやすくなります。
逆に、睡眠時間が常に短かったり、栄養バランスのとれていない食事、運動不足の女性は、いざ妊娠を希望する際に、体が整っていないため、なかなか妊娠しづらい場合があります。
このバランスを整えることで、体の調子も元に戻るため、妊娠出来る体に戻していくことは出来ますが、時間がかかってしまうため、常に心がける事が必要です。

スポンサーリンク

 この3つの中でも、不足すると一番体に出やすいのは、睡眠時間です。
この睡眠時間が少なすぎると、体の状態が不安定になり、次の日にはうまく頭が回転しない事も良くあります。
思考能力も低下してしまうため、ボーっとした状態が続きます。
さらに3時間程度の睡眠時間ですと、体の体温に変化が現れます。
女性で基礎体温をつけている方は、分かりやすいかと思いますが、3時間程度の睡眠だと基礎体温が低温期でも高温をさしてしまいます。
そのため、正確な体温が計測出来なくなってしまうのです。
注意事項にも記載されていますが、5時間以上の睡眠をしてからの体温でないと、正確な体温が分かりません。
そのため、なかなか基礎体温が整わない方は、睡眠時間を見直す事から始めて下さい。
毎日しっかりと睡眠をとり、毎日体調を整え、万全な体作りを目指して下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加