適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

肌荒れの原因は睡眠時間にあり?肌の再生時間に良い睡眠を。

スポンサーリンク

女性なら誰しも美しい肌を保ち続けたいと思うものですが、美肌のためには健康的な生活が必要不可欠でありそれには栄養バランスのとれた食生活と質の良い睡眠が特に重要です。
どんなに高い化粧品を使ったりエステに通っても不健康な生活を送っていれば美肌は遠ざかり肌荒れの原因ともなってしまいます。
特に睡眠不足は肌に悪影響を及ぼします。
それは日々の睡眠中に肌の再生が行われているからです。
一般的に睡眠後約3時間以内に成長ホルモンが分泌され肌の修復を行います。
約3時間かけて徐々にホルモンが分泌されるので、トータルで1日6時間の睡眠時間を確保したいものです。
また週末の寝だめでは肌の再生が追い付かないということがこういった面からもわかります。

スポンサーリンク

一般的に言われる肌のゴールデンタイムは22時から深夜2時です。
この時間に睡眠をとると肌に良いと言われていますがなかなかそうは難しい人も多いでしょう。
その場合はなるべく早く寝ることを心がけたり、入眠からの3時間でできるだけ深い眠り、質の高い睡眠をとるように努力しましょう。
そのためには寝る前の約1時間ぐらいで入浴して体をリラックスさせたり、部屋を暗くしてテレビを観るのもやめると睡眠に入りやすくなります。
また日々規則正しい時間で睡眠をすることも大切です。
生活のリズムを刻む機能をもつ体内時計が人の体には備わっています。
規則正しい生活をすると体内時計は正常に働き、成長ホルモンの分泌もスムーズに行われるのです。
このようにお肌と睡眠は非常に大きな関係があります。
いつまでも若々しくいるためには充分な睡眠をとるように心がけることが大変重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加