適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

パフォーマンスがあがる睡眠時間

スポンサーリンク

日中にどうしても目が覚めないという経験をしている人はとても多いはずです。
もちろん、食事をしたあとは眠くなります。
これは血液が胃や腸にいってしまうので、頭の血液が不足することから起きる現象です。
ですから、午後の早い時間は眠くなってしまうことが多くなるというわけです。
そのため、昼食はお腹いっぱいに食べるのではなく腹八分目程度に抑えておくことをおすすめします。
そうすることによって、血液が頭まで十分にまわっていきますので眠気をおさえることができるのです。
しかし、どうしても眠くなってしまった場合は十分程度寝てしまったほうが午後のパフォーマンスは上がります。
昼休憩のちょっとした時間を使って昼寝をするのです。

スポンサーリンク

十分程度というと短いと感じる人がいるかもしれませんが、このくらいの短さが昼寝として最適な睡眠時間なのです。
昼休憩の時間ですから、一時間や二時間も寝るわけにはいきません。
ですから、少しの時間で眠気を取らなければなりません。
その時間として最適な時間が十分程度なのです。
十分程度であれば、睡眠時間として確保できるはずです。
昼食を食べたあとの時間は、午後のパフォーマンスを上げるための準備の時間として、睡眠をとってみてはどうでしょうか。
ここで注意をしたいのは、寝すぎることは禁物だということです。
三十分以上眠ってしまうと、さらに眠くなってしまうので注意が必要です。
十分程度ウトウトとするくらいがちょうどいいのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加