適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間中と起きているときでは基礎体温がバラバラになる

スポンサーリンク

人は起きているときと眠っているときとでは基礎体温が実はバラバラになります。
というのも、睡眠時間中、人の身体機能は活動を停止し、主に疲労回復に専念するからです。
例えば、人が起きているとき、食事をしたり、運動したり、考え事をしたりと、様々な身体機能をフル活動させますので、体温は常に暖かくなります。
それはちょうど、車のエンジンが走行に備えて温まっている状況に似ています。
しかし、車はエンジンを切ると活動を停止し、温度も急激に冷えていきます。
人の基礎体温もそのように、眠りにつきますと活動を停止し、体温の低下が始まるのです。
そのため、体温がバラバラになるといった現象が発生し、それを利用することで健康的な睡眠を確保できるようになります。

スポンサーリンク

人は睡眠中、基礎体温が低下します。
しかし、体温が低下しますと、体力が奪われて、血液の流れも悪くなりますので、睡眠は基本的に身体を温めておいた方が良いのです。
身体を温めておきますと、リラックスした状態になり、血行も良くなりますので、精神的な充足感に満たされながら就寝することができるようになります。
反対に、就寝前に身体を冷やしますと、身体機能が身体を温めようと活発化しますので、かえって目が冴えてしまうといった悪循環になりますので、毎日快眠し、体調を整えておきたいという人は身体を冷やさない工夫をし、常に暖かくなるようにしておくことをオススメします。
そうすることで、身体の疲労回復効果が高まり、朝目覚める頃には元気で体力に満ちた状態で日の光を浴びれます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加