適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間とビジネスマン(ビジネスパーソン)の関係

スポンサーリンク

一見すると削っても特に問題ないように感じられる睡眠時間ですが、実は眠ることは人の健康に大きな影響を与えますので、忙しいビジネスマン(ビジネスパーソン)ほど睡眠時間に気をつかい、毎晩適度に眠ることをオススメします。
ビジネスマンが毎日適度な睡眠をとるようになりますと、どれほど仕事で忙しくしていても次の朝には万全な体調で目覚めることができるようになりますので、出社と同時に意欲的に目の前の作業に取り組めるようになります。
疲労やストレスが解消されることで、集中力も高くなりますので、神経をつかうような細かい作業や長時間のデスクワークにも対応、高い生産性を発揮してパフォーマンスを出せるようになりますので、キャリアにもプラスに働きます。

スポンサーリンク

仕事の量が増え始めますと、残業や休日出勤をして仕事をこなすようになりますが、その過程で睡眠時間を削ることはよくあります。
睡眠時間を削り、その浮いた時間を仕事にあてることで、時間内にできなかった作業をこなせるようになりますので、一見するとこれは仕事を納期までに完遂させるための必要な措置になります。
もちろん、一時的にはそれも大丈夫ですが、それが慢性的になり、毎日毎晩残業をして仕事をするようになりますと、それは赤信号になりますので、早急に働き方を変えることをオススメします。
長時間労働が常態化しますと、適切な睡眠時間を確保することができませんので、集中力は途切れやすく、モチベーションも低くなってしまいます。
そうなるとかえって生産性が悪化しますので、早く終わらせることができる仕事は時間内に完遂し、終業と同時に帰宅できるように工夫することをオススメします。
それが生産性を高め、昇進や昇給に近づく秘訣になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加