適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

生活のリズムと睡眠時間について

スポンサーリンク

その人に必要とされる「睡眠時間」の長さには個人差があります。
24時間の内に活動と休息がありますが、昼と夜の自然のサイクルに適応している生活リズムの上に成り立っています。
生活リズムに支配されていますから、生活様式が多少異なっても睡眠や体温や脈拍やホルモン系や自律神経の働きも変化するものではありません。
但し、現代は仕事上やその他の理由で夜型の生活をする人が増加していますから、不眠や寝起きが悪い、倦怠感などを訴えるケースも耳にします。
生活のリズムが乱れると、心地よい睡眠が得られなくなり身体に支障をきたす場合があるものです。
海外旅行などで時差がある場合は、朝と夜の交代により睡眠バランスが一時的に崩れる事はあります。
体は夜型にも関わらず、脳は昼型に反応という状態になるわけです。

スポンサーリンク

一時的なものであれば、通常はその土地のリズムに順応してきますから問題はありません。
質の良い睡眠にはストレスを溜めこむ事やカフェイン類の摂り過ぎにも気をつける必要があります。
ストレスで一夜にして黒髪が白髪になるような嘘のような現実もありますし、円形脱毛症になる方も真面目で心配症の方に多いものです。
ストレス回避のためには、心を安定させる為には、入浴タイムにこだわったりする自分なりのリラックス法や安眠の為の呼吸法なども取り入れる工夫なども良いでしょう。
睡眠時間はひとそれぞれですが、出来れば肌のゴールデンタイムと言われている夜10時から2時までには眠りについているのが理想です。
体の健康と肌の美しさは共通していますから、脳も体も労わって上質の眠りを確保する心がけが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加