適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が長めとなるロングスリーパーの主な特徴

スポンサーリンク

睡眠は人間にとって脳や肉体の休息を取る重要な役割を持っており、一般的には6から9時間程度の時間を要すると言われています。
ただしそこで必要となる睡眠時間には個人差があり、人によって10時間またはそれ以上に及ぶほど極端に長くなったり、逆に3時間程度でも大丈夫とされるほど短くなったりする場合も挙げられます。
こうした中で睡眠時間が極端に長い人のことを、正式にはロングスリーパーと呼ばれています。
これに該当する人は国別で差があるとされていますが、日本ではおよそ1割前後が該当するとされます。
また俗説として、ロングスリーパーの人は内向的・孤独型とされ、一般では気付かれづらい細かな所まで意識が行き届く、創造性と周囲への批判的な目線を併せ持つ傾向もあると言われています。

スポンサーリンク

そもそも睡眠にはノンレム型とレム型とのタイプがあります。
ノンレム型は眠りが深く、脳を完全に休める目的があるタイプの眠りとされるのに対し、レム型は眠りが比較的浅く、体を休める一方で脳がメンテナンスを行う目的がある眠りと定義されます。
この2種のタイプが睡眠の間に交互にやってくることで、脳と肉体が効果的に休息できる様なメカニズムとなっています。
ただロングスリーパーではレム型の睡眠時間が一般的な人と比べて長いとされている、すなわち脳の回復に時間を要する、あるいは脳のメンテナンス目的での睡眠時間が長めであるとされています。
こうした面がある場合、何らかの悩みやストレス、あるいは考え事などの負担により、日常での脳の疲労が増していてメンテナンス時間を要するケースや、心理的な要因から睡眠メカニズム自体が乱れている確率などがあるとされるため、それら要因の追求・改善や受診などを検討する必要もあるとされます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加