適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が3時間半とか4時間半の人は早く寝たほうがいい

スポンサーリンク

忙しいとついつい少なくなってしまうのが、睡眠時間です。
実際、仕事で忙しくて3時間半とか4時間半しか眠れないという人も多いです。
経済協力開発機構(OECD)の調査(09年)では、日本人の1日の平均睡眠時間は1位のフランスより1時間も少なく、18カ国中、韓国に次いで2番目に短いものです。
が、その睡眠不足は遺伝子にも悪影響を及ぼしていることが証明される研究が明らかになっているのです。
たった1週間、睡眠不足が続いただけでも、数百の数の遺伝子の活動が変わってしまうことが研究グループの調査で分かりました。
毎晩6時間以下の睡眠で1週間を過ごした場合、炎症や免疫系、ストレス反応に関連する711の遺伝子の発現に  スポンサーリンク

影響があったのです。
睡眠が十分でなく休息の質が悪いと、病気にも多く影響を与えてしまいます。
たとえば、心臓疾患や腎臓病、高血圧、肥満、糖尿病などのリスクが高まります。
そして、睡眠不足時による不快な感情ストレスが起きやすく、不安や抑うつが生じてイライラや不安感を招き、深刻な場合はうつ病になりかねないと考えられています。
よって、3時間半や4時間半などの短い睡眠時間の方は、それ以上の睡眠が必要といえます。
通常、健康な成人にとっての夜間の睡眠時間は、7時間から8時間と考えられています。
忙しいとついつい削ってしまう睡眠は、健康に遺伝子レベルでも影響があります。
今一度、眠りの時間を見直すことが必要といえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加