適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が異常に長いことについて

スポンサーリンク

最適な睡眠時間は人それぞれに異なります。
しかしながら、以上に長い睡眠時間を取らなければならない人というのも存在します。
たいてい、六時間程度の睡眠時間が最適と言われています。
もちろん、四時間程度で済んでしまう人もいますが、平均的な時間としては六時間だと言われています。
ですから、異常に長いとすれば十時間や十二時間、つまり半日近く眠らなければ十分な睡眠だと感じない人のことを指します。
これは俗にロングスリーパーと呼ばれる人であり、特に病気だというわけではありません。
しかし、半日近くも睡眠に時間を取れる人は限られています。
多くの人は忙しい毎日を送っているので、それほどの時間を睡眠に使えるわけではありません。

スポンサーリンク

では、睡眠が異常に長い人はどのように対処すれば良いのでしょうか。
そのような人が十分な睡眠を取るためには、細切れの時間を使うことをおすすめします。
細切れの時間とは、布団に入っている時間でなくても睡眠を取るということです。
たとえば、昼食を取り終わった昼休憩の残りの時間などのことを指します。
ビジネスパーソンであればだいたい一時間の昼休憩を取ることができます。
ですから、三十分程度でちゅうでょくを済ませてしまい、残りの休憩時間を睡眠にあてるのです。
そうすることによって、十五分程度は眠ることができます。
もちろん、そんなに早く眠りにつける人でなくても、目をつむっていればそれだけ休息になりますから睡眠としての効果があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加