適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間は遺伝子に影響される

スポンサーリンク

睡眠時間が多くないと調子が出ない人がいます。
また反対に、睡眠時間が少なくても健康な生活を送ることが出来る人がいます。
これらが、実は遺伝子の影響によるという報告があります。
睡眠のそもそもの役割は、日常生活で疲労した身体を修復して回復させたり、昼間に得た情報を脳内で整理して知識を貯える為のものです。
これが遺伝子の影響により、短い時間でもスムーズに活動出来る人もいれば、逆に長い睡眠時間でないと元気にならない人が出る理由になります。
この個人差を速く把握して、自分の遺伝子の持つ特徴に合わせて生活スタイルを構築することで、より瑞々しい暮らしを送ることが出来るようになります。
正しい睡眠をとることで、人生が豊かになるのです。

スポンサーリンク

また、睡眠時間と病気には密接な関係があります。
近頃は眠らなかったことが原因で早死にしてしまうことが懸念されています。
また反対に、眠ってばかりいることで内臓に負担がかかったり、知らないうちに病気を見逃したりしてしまうこともあるのです。
睡眠時間の短い人には肥満が多く、ダイエットがうまくいかないという問題も発生します。
肥満はすべての病に繋がります。
睡眠を取ることで必然的に食事の機会が減り、よく眠ることもまた、ダイエットに欠かせないすこやかな身体作りなのです。
遺伝子と睡眠が結びつくのには、このように深い因果関係があります。
長所や短所を知ることで健康な生活が送れるようになります。
日頃の生活を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加