適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

人間の一生の3分の1は睡眠時間なので有意義な過ごし方が重要

スポンサーリンク

人間は、一生の時間の中の3分の1の時間が睡眠時間と言われています。
ですので、ついつい休みの日などに1日寝て過ごしてしまったという方も多いですが、この人生の中での睡眠時間を考えると、より質のいい睡眠をして、出来る限り、アクティブに好きなことをしたり、お仕事をしたりと、有意義に24時間を使いたいと思われる方が増えています。
だからといって、睡眠時間を削りすぎる事は、健康に良くない事ですので、毎日6時間から7時間ほどはしっかり睡眠をとる事が、健康のためにも、アクティブに動く為にも重要な事です。
この人生の中で、多くの時間をさいている睡眠ですが、最近は健康や美容に関する事を寝る前や寝ながら行う方が増えています。

スポンサーリンク

この寝ながらの美容活動の多くは、スチーマーなどを顔の近くにあてながら、乾燥対策や美肌対策を行われている方が多く、また寝る前にしっかり髪にトリートメントを付けて寝る方など、寝ている間の時間も惜しまず利用されています。
また、睡眠時間は寝ている間の時間をいいますが、その寝るまでの間に時間がかかる方も多く、なかなか寝付けない方が増えています。
その様な方は、寝る前1時間は、テレビやスマートフォンなどを見ずに、読書をしたり、ストレッチをしたりと、明るい光をあまり見ない事もおすすめです。
また、寝る前に身体を温める事で、眠気を誘う効果もあるので、体を温める作用がある、しょうが入りの紅茶などを飲んで寝る事も、寝つきがよくなるポイントです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加