適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間を快適にするには起床時間を一定にする事が大切

スポンサーリンク

睡眠に関する悩みを持つ方は、今非常に多いです。
なかなか寝付けない、眠りが浅くすぐに起きてしまう、起きてもスッキリしないなど、様々な悩みがあります。
寝なければと考れば考えるほど眠れなくなり、結局起きている間身体が怠くなったりして、また夜を迎えるなどの悪循環に陥っている方が多いです。
どうすれば睡眠の悩みを、解決できるのかについて説明します。
まず睡眠時間を多くとればそれだけで改善出来るのかと言うと、必ずしもそういう訳ではありません。
個人差はあるでしょうが、睡眠時間が長い人でも短い人でも快適に生活している方はいます。
何が必要なのかというと、睡眠時間の長さではなく睡眠そのものの質(どれだけ熟睡出来るか)を上げる事が重要なのです。

スポンサーリンク

睡眠の質(どれだけ熟睡出来るか)を上げるという事は、どういう事かと言うと規則正しいリズムを作るという事です。
例えば、起床時間を一定にする事を心掛けます。
就寝時間はバラバラでも、起床時間を一定にする事で睡眠時間自体は短くなる日が出てくるかもしれませんが、この時間と決めて起きる生活をしばらく続けてみます。
そうすると夜就寝してから熟睡出来るようになり、朝もスッキリ起きられるようになってきます。
そうやって生活のリズムを整えていくのです。
ずれてしまった体内時計を正常な状態に戻す事で、睡眠の悩みだけでなく他の身体の不調なども、解決出来る場合があります。
是非一度自分の睡眠の質について考えて、生活のリズムを作ってみたらいかがですか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加