適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

短い睡眠時間が健康に及ぼす影響

スポンサーリンク

短い睡眠時間が健康に及ぼす影響についてたくさんの報告があります。
そして、共通して言えることは、短すぎる睡眠時間は健康に良い影響を与えないことです。
特に睡眠時間が5時間未満の人は注意が必要です。
睡眠不足になるといろいろなリスクが増えてきます。
例えば、睡眠不足はホルモンバランスを崩し、肥満になりやすくなります。
女性の場合は生理不順も引き起こします。
また、血糖値を下げるインシュリンの働きを妨げ、糖尿病になるリスクを増大させます。
さらには、心臓病のリスクや高血圧のリスクも高まるのです。
このように睡眠不足の人は病気になりやすくなることから、7から8時間睡眠の人よりも死亡率が高くなるという報告があるのです。

スポンサーリンク

睡眠時間が短い人は、日頃からよく眠れるように工夫が必要です。
例えば朝日を浴びることも睡眠不足を解消する助けになります。
朝日を浴びると、脳内でメラトニンというホルモンが分泌されるようになるのです。
このメラトニンは睡眠を促進する働きがあるホルモンで、朝日を浴びることで夜になってからメラトニンが分泌されるようになるのです。
また、眠る前に体温を上昇させてやることも効果があります。
しかし、熱いお風呂に入ると交感神経が刺激され、眠気を覚ましてしまいますから、低めの温度のお風呂にゆっくりと入ることが推奨されています。
そして、適度な運動をすることも睡眠不足解消には効果的です。
また、できるだけストレスをためないことが重要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加